お知らせ

舞楽「羽衣の舞」継承メンバー(雅楽演奏)を募集します!

羽衣伝説ゆかりの神社である御穂神社の巫女舞「羽衣の舞」。日本最古の大和舞の流れを汲んだ、羽衣伝説の天女が舞ったと伝わる舞です。
約40年前に復曲し、現在は「羽衣の舞」を伝えるボランティア団体「羽衣の舞保存会」が御穂神社の祭典や羽衣まつりなどのイベントで披露しています。
このたび、「羽衣の舞保存会」の楽人(楽器演奏、謡)メンバーを募集します。
ご興味のある方は、ぜひご連絡ください!

条件
●清水第五中学校等で、楽人、舞人を経験したことのある方
●三保での経験は無いが、今後長年にわたって精力的に保存会で活動する強い意志のある方
●謡、笙、竜笛、篳篥のいずれか(複数可)から選択。
●原則、月1回の練習に参加できる方。(主に三保生涯学習交流館で実施)
●2月8日に雅楽師による講習会を予定しています。見学をご希望の方は事前にお問い合わせください。

【申込方法】
下記、三保松原文化創造センター「みほしるべ」あてメール、もしくはHPのお問合せフォームより
●お名前
●ご住所
●ご年齢
●お電話番号
●中学卒業年月
●希望楽器、楽器経験について(例:雅楽器の経験は無いが、オーボエを6年やっていたので篳篥を希望。雅楽の謡の経験は無いが、能楽の謡を3年やっていたので謡希望。など)
を記載してご連絡ください。
mail:mihoshirube@city.shizuoka.lg.jp

    
平成29年 羽衣まつり           みほしるべ開館記念式典