三保松原の保全

腐朽の検索結果 1~2件(全2件)

  • 三保の松は何歳なの?

    樹木が成長するにつれて幹が太くなるのは、幹のなかの形成層という部分から新しい細胞が生まれ、その細胞一つひとつが生長し細胞壁を作ることによる。形成層で生まれる細胞のかたちは季節によって変化し、冬の間は新たな細胞が生まれない。その繰り返しにより、縞模様の年輪ができる。樹木の年齢(樹齢)は、根元部分の年輪...

  • 幹からキノコが生えたら危険?

    「腐朽」と聞いて思い浮かべるのは、森の中にある昔倒れた木に苔が生え、踏んづけたらふかふかだ、そんな風景だろうか。しかし、木材を分解する腐朽菌は、枯れた樹木だけでなく、生きている樹木に住みつき分解していくものもある。生きている樹木にサルノコシカケなどのキノコが生えていたら、その樹木の幹は腐朽菌にじわじ...