イベントカレンダー

松原散策アンケート<プレゼントあり>

三保松原内を散策しませんか? アンケートモニター募集中!

富士山世界文化遺産の構成資産であり、日本最初の名勝指定を受けた「三保松原」には、「羽衣の松」周辺以外にも多くの見どころがあります。

一方で、多くの人が行き来する「羽衣の松」周辺では樹齢300年近くの松の根が踏まれることで成長に悪影響を及ぼしています。
そこで、三保松原の魅力を知ってもらうとともに、貴重な松を守っていくために散策ルートの整備に向けてアンケートを実施します。
ぜひ、皆さんの貴重なご意見をお聞かせください。 ご協力いただいた方には、素敵なプレゼントを贈呈します♪

〇ルート紹介 メジャーなルートは「御穂神社~神の道~羽衣の松~海岸」ですが、少し松原内を歩くと古からの遺構が点在しています。その先にある海岸から見る富士山は、また違った顔を見せてくれます。

海越しの富士ルート

(世界遺産記念銘→羽衣の松→羽衣の碑→
不思議な松と道祖神(3ヶ所)→「海越しの富士」撮影ポイント→
羽車神社→日本新三景の碑)
・ルートの特徴(みどころ) 世界遺産三保松原の紹介でよく使用される「海越しの富士」の撮影ポイントを含むルートです。羽衣の松エリアと撮影ポイントの間の約80年生の松原では、松の間を縫う土の道で、爽やかな木漏れ日ときらきらと光る海を見ながら、ハイキング気分が楽しめます。
※足場の悪い部分があります
・所要時間 約40分
・ルート案内はこちら

絶景の地鎌ヶ崎ルート

(世界遺産記念銘→日本新三景の碑→
西宮神社(おいべっさん)→名勝鎌ヶ崎の碑→「鎌ヶ崎」撮影ポイント→名勝三保松原の碑→
羽車神社→羽衣の松→羽衣の碑)
・ルートの特徴(みどころ) 三保松原の代表的な富士山眺望ポイントである「鎌ヶ崎」を含むルートです。羽衣の松エリアと撮影ポイントの間には植樹したばかりの元気なマツのエリアもあり、マツの新芽や花やまつぼっくりの成長を観察するのに最適です。
・所要時間 約40分
・ルート案内はこちら