芸術の源泉 三保松原

浮世絵Ukiyo-e

  • 浮世絵東海道分間延絵図第7巻 江尻清水三保他

    江戸時代の東海道の絵図で、江尻・清水・三保・府中・久能・丸子が掲載。

    所蔵 / 公共・三保交流館

  • 浮世絵東海道沖津驛勝景

    文久三年の十四代将軍徳川家茂の上洛を題材にした三枚続きの作品。三枚の横に長い画面全体で長い行列と、行列に向かい跪いている人々の様子が細かく描かれている。鳥瞰図のような描写で、背景に富士山、三保松原、久能山、清見寺など名所が描かれている。

    所蔵 / 静岡市

  • 浮世絵東海道名所之内 三保松原

    文久三年の十四代将軍徳川家茂の上洛を題材にした全百六十二図の一図。三保の松原を描いた作品の中でも、他と異なり富士山が描かれていないことは珍しい。御穂神社と、浜際にしっかりと根を張る羽衣の松、奥に久能山と家茂の行列が描かれている。

    所蔵 / 静岡市東海道広重美術館

  • 浮世絵東海道名所之内 久能山

    文久三年の十四代将軍徳川家茂の上洛を題材にした全百六十二図の一図。徳川家康が祀られている久能山東照宮と三保松原が描かれている。久能街道から見た風景であろう。富士山と三保松原の眺望と共に、久能山東照宮へと続く長い石段も描かれている。

    所蔵 / 静岡市東海道広重美術館

  • 浮世絵東海道名所圖會

    東海道を日本橋から京(内裏)まで全十二図の連続した作品であり、そのうちの三島から掛川までを描いた三枚。絵図や絵地図のように宿場や地名も書き込まれ、文久三年の十四代将軍徳川家茂の上洛を題材にした行列が描かれている。三保松原だけではなく、先端に当たる三保の岬や、羽衣の松も描かれている。

    所蔵 / 静岡市

  • 浮世絵雙筆五十三次 江尻

    上部に広重が風景を、下部に役者・美人画で名を馳せた三代豊国が人物を手がけ一枚の作品をかき分けて東海道を描いた全五十五図の一図。この揃物内では唯一、天女が上部に、風景が下部に配置されている。天に舞い上がった色鮮やかな天女は鳳凰の尾をつかった羽衣と共に、美しい姿で描かれている。富士山を眼下に望み天へ上る姿は、三保松原の羽衣伝説を見事に描いている。

    所蔵 / 静岡市

  • 浮世絵書畫五拾三驛 駿河 江尻 三保ノ松 羽衣ノ古事

    明治期に描かれた東海道を題材とした全五十五図の一図。東海道各宿の風俗に名家の書を附した作品で、中には洋風画もあり文明開化の東海道が描かれている。右端に表題に沿って描かれた電信柱も、時代を表している。本図では枠を飛び出し三保松原の上を羽衣をまとい昇天する天女が描かれている。富士と三保松原の風景を歌川重清が描き、天女を歌川芳晴が描いている。

    所蔵 / 富士山かぐや姫ミュージアム

  • 浮世絵三保の羽衣

    富士を足下遠くに望み、天に昇っていく天女が描かれている。漁師の白龍から、取り戻した羽衣を舞いながら天に戻りつつ、再び失わないように、しつかりと抱くように持つ様子であると推測される。

    所蔵 / 国立国会図書館