芸術の源泉 三保松原

ジャンルから探すSearch from the Genre

  • 浮世絵東海道名所之内 清見寺

    文久三年の十四代将軍徳川家茂の上洛を題材にした全百六十二図の一図。興津の清見寺は奈良時代の創建で、かつて関所も置かれ、様々な歴史の舞台として名高い場所であった。現在は清見寺から三保松原は見えないが、当時は遮るものが無く三保松原は見下ろせたであろう。清見寺、三保松原、富士山には密接な関係があり、浮世絵はじめ多くの絵画に描かれた。

    所蔵 / 国立国会図書館

  • 浮世絵東海道沖津驛勝景

    文久三年の十四代将軍徳川家茂の上洛を題材にした三枚続きの作品。三枚の横に長い画面全体で長い行列と、行列に向かい跪いている人々の様子が細かく描かれている。鳥瞰図のような描写で、背景に富士山、三保松原、久能山、清見寺など名所が描かれている。

    所蔵 / 静岡市

  • 浮世絵東海道名所之内 久能山

    文久三年の十四代将軍徳川家茂の上洛を題材にした全百六十二図の一図。徳川家康が祀られている久能山東照宮と三保松原が描かれている。久能街道から見た風景であろう。富士山と三保松原の眺望と共に、久能山東照宮へと続く長い石段も描かれている。

    所蔵 / 静岡市東海道広重美術館

  • その他大拝殿天井画

    大拝殿の天井絵は「八方睨の龍」、「四方睨の龍」、「迦陵頻伽(かりょうびんが)」2面、「天人」6面合わせて10面あり、文化2年(1805)から同11年(1814)の大拝殿建立に当たって描かれたものである。当代の屈指の絵師狩野榮信(かのうながのぶ)、狩野寛信が5面ずつ分担して完成させた。

    所蔵 / 静岡浅間神社

松原保全に関する文献や書籍のデータベース

松原保全に関する文献や書籍のデータベースです。
松原の保全活用のための研究や活動にお役立てください。
収録している資料はすべてみほしるべで保管しています。